NORTH RIDE

☆北海道モタード情報『EMR』管理人ブログ☆

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【連載③】華の本州遠征①-我が家のキッカケ-

2018
04
本州で開催されている全日本スーパーモト(旧moto1ALLSTARS)。
会場に行くと、北海道では見たことのない景色が広がっていて、
目に入るもの全てがキラッキラして見えたことを今でも鮮明に覚えています。
09 SUGO 031
photo:2009.8 moto1ALLSTARS R5 SUGO


北海道のモタードレースが無くなったのは、昨年や今年が初めてのことじゃない。

10年以上前、#77が陣のメンバーに誘われてモタードを始めた頃は厚田でレースがあった。
岩見沢でもイベントがあったみたいだし(わたしはまだモタードを知らない頃)、
IMG_2724.jpg
千歳とテイネで『Real1ミーティング』が開催されて、当時のトップ選手が講師として来たことも。

07Real1 (8)
photo:2007.7 Real1 北海道ミーティング@新千歳モーターランド

でも、参加者がものすごく多いか?といわれると、全く。 全然。
07Real1 (6)
photo:2007.7 Real1 北海道ミーティング@新千歳モーターランド

だから、ことごとくモタードが走れるイベントは終了していった。

でも、当時はスカパーかなんかで本州のレースの放送があってよく観ていた。
お世辞にも「最高に盛り上がってる!!」とは言えなかったけど、レースが成立してる。

「いいなぁ。すごいなー。うらやましい。」

と思ったのはほんの一瞬で、我が家の感情はすぐに
「どうすれば、こんな環境になるのかな?」に変わっていった。 

こっちでレースができないのは残念だけど、仕方がない。だって、愛好者が少なすぎるんだもの。

だけど、やっぱりレースに出たい!! レースがやりたい!!
やるからには、上手くなりたい!!!
じゃあもう行くしかないよね、レースやってる場所に! じゃあ、行こう!!

こんな感じで、我が家の初めての本州遠征が決まりました。 2008年のこと。

だって、なんでもやってみなきゃわかんないもの。

レースがやっぱり楽しいのか、楽しくないのか。
TVや雑誌で観てるライダーが、どんな走りしてるのか。
そもそも、本州まで行って参加する価値があるのか。

楽しいなら続ける方法を考えるべきだし、こちらの環境を整えていけばいい。
本気でやりたいなら、本州に引越ししてもいい。
楽しくないなら辞めればいいし、行くまでもないな~って思ったら、もう行かなきゃいい。

だから、とにかく、行ってみた♪ 

行き先は、華の都・仙台、スポーツランドSUGO!
08sugo (5)
全日本戦と併催の【東北エリア選手権2008】に出場し、これを持って帰ってきました。
走った環境は、確かエントリーは5台で全クラス混走。
#77はアンリミテッドクラスで、一緒に行ったTUKA爺がDNSだったので完走すれば1位という状態(笑)
でも、4台中のTOPで初レースを終えました。

せっかくお金かけて行ったのに、これじゃぁ・・・・って、今になって振り返るとそういう考え方もできるのかぁ!って思うけど、
当時の我々は、まったく逆!!

決勝まで走れてよかった!とにかく気持ちよかった!!めちゃくちゃ楽しかったー!!! 

#77は、全日本に出てるライダーと同じコース、同じレイアウトで走れたことが何よりも嬉しかった。
自分の目で、TOPライダー達のライディングが見れたことが何よりも嬉しかったし、勉強になった。
そして、この人達と一緒に走りたい!!っていう気持ちが強くなった。
お金をかけた何倍もの「何か」を得ることができた。 だから来てよかった!

わたしも楽しかった。 とにかく楽しかった!
華やかなチームパドック、十勝みたいにタワーがあるコース、トイレがキレイ、オフィシャルがたくさん、、、
間近ですれ違う、憧れのモタードライダー!

すべてが新鮮で、暑さも日焼けも忘れてしまうくらい【時間】にも追われていました。
でも、10年経った今でも、当時のことはよく覚えています。


帰宅後。
『こーんなに楽しくて面白いこと、なんでみんなやらないんだろう?』
ヨメは単純に思いました。 基本、【おバカちゃん】なんで、ストレートに思いました。

だから、遠征の話を聞かれて「いいなぁ~」って言う人には「来年、一緒に行きましょうよ!」って言ってた。

でも、お返事はだいたい「いつかね~!」とか、「仕事が休めないし~」とか、「お金いくらかかったの?」とかばっかりで、
「あ、そうか。海を渡るって、普通は簡単なことじゃないんだなぁ~」 ということに気がつきました。

いつか、いつか、って言ってるうちは、その「いつか」は来ないので、必要以上に「行きましょう!」と言うことはやめて、
自分達のやるべきことを、ただひたすらやっていくことに決めた。

こうして、モタードが生活の一部に変わっていきました。

最初の遠征で感じたことは、
レースをやりたい!!と、どんなに思ったとしても、ひとりでできるもんじゃない。
どんなにがんばっても、ひとりではできない。   ということ。

私達は遠征を始めるタイミングも、周りの人たちにも、本当に恵まれていたんだと今でも思います。

以上、#77家のキッカケでした~☆


そして、いつも遠征の話になると、必ずお金だったり、準備だったり、いろいろ聞かれるので、
自分達が経験したことをブッこみながら、書ける範囲で書いてみようかと思っております。
わたしの文章で、どこまで伝えられるのか、乞うご期待!!!www

関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。